Beta V2.5.542 - 2017年2月まで延長Podium Serverプラグインのベータ試用期間を2017年2月まで延長しました。ウォッチフォルダが含まれました。ウォッチフォルダについてはこちらをお読みください。

Podium Serverの評価を続けたい方は、下方向にスクロールして、新しいインストールファイルをダウンロードし、前バージョンをアンインストール、または削除後、インストールしてください。

Windowsユーザー: 必ず、アンインストールプログラムunins000.exe(Windows用)を使って前バージョンをアンインストールしてください。まず、Podium Serverを終了します。次にこのフォルダ - C:\Program Files \ Podium Server\uninst\ に進み、unins000.exeを実行します。(旧バージョンではpdm_server)これは、前回のトライアルバージョンと関連レジストリから削除されました。

Podium Server Windows アンインストールプログラム 新しいPodium Serverアンインストールプログラムも加わりました。この.zipをダウンロード後、zipを解除して、システム管理者として実行します。ダウンロード

Podium Server (ベータ段階)は、SU PodiumのPodium レンダリングマネージャのスタンドアロンWindows/Macアプリケーションのようなものです。SketchUpをインストールする必要なく、作成した.scriptsをバッチ処理で自動的に読み込み/レンダリングできます。

Podium Serverは、Windows 7、8 、10または、Mac OS-X 10.xxにインストールできます。SketchUpは必須ではありません。Podium ServerはSketchUpの拡張機能ではありません。

Podium Serverは、SU Podium 2.5.506(またはそれ以降)の作成コマンドで作成された .script や関連テクスチャ(Textureフォルダ内)を読み込みます。Podium Serverは、共有フォルダにある複数の.scriptsからなるバッチを読み込んでレンダリングしたり、レンダリングしたイメージを特定共有フォルダに出力できます。

Podium Serverには、 .scriptsが必要です。 .scriptsはSU Podium V2.5.506(またはそれ以降)で作成されます。 SU Podium V2.5.xの旧ライセンスをお持ちの方は、SU Podium V2.5.5の最新バージョンにアップデートしてください(無償)。SU Podium V2.5.5の最新バージョンにアップデート

Podium Serverには、SU Podium V2.5.5(またはそれ以降)のライセンスが必要です。ただし、ベータ期間中は、評価モードでPodium Serverを実行できます。


  Podium Server Beta ダウンロード:

.scriptsがSU Podium V2.5.506またはそれ以降で作成されていなければなりません。

Windows 7、8、10 64ビット Mac OSX
.exeファイル   |   Zipした.exe ファイルをダウンロード 近日リリース

重要事項:

SU Podium V2.5.5xがインストールされているのと同じコンピュータにPodium Serverをインストールしないことをもっともお勧めします。Podium Serverがレジストリを置き換えることで、SU Podiumがレンダリングファイルを保存する場所が変わる可能性があります。

Podium Serverのインストールとアクティベート:

1. インストール: 他Windows、またはMacアプリケーションのインストール同様に、Podium Serverをインストールします。Podium Serverは、実行するのにSketchUp、あるいはSU Podiumを必要としません。

2. アクティベート: スタンドアロンOOPRインストールを初めて起動する場合、アクティベーションキーの入力を促すプロンプトが表示されます。最終的には、SU Podiumのライセンスが別途必要になりますが、ベータ稼働期間は評価モードでアプリケーションを使用できます。

Podium Serverの使用法:

SketchUp / SU Podium外でPodium Serverを使ってイメージを作成するには、 Podiumのスクリプトを作成ツールについてよく知っていなければなりません。このプロセスをよくご存じの方は、下記を読み続けてください。よくご存じでない方は、このリンクをクリックし、Podiumレンダリングスクリプト作成についての詳細情報をお読みください。

Podium Serverを使ってイメージをレンダリング: スタンドアロンレンダリングマネージャを使ってレンダリングするのは、SketchUpプラグイン上でPodium .script をレンダリングするのとまったく同じプロセスです。

  1. 上記リンクで説明しているプロセスを使ってレンダリングスクリプトを作成します。

    メモ - 別のコンピュータ上でスクリプトをレンダリングする場合: 必ず、.scriptファイルとテクスチャのフォルダの両方が入ったフォルダを送信してください。

  2. Podium Serverアプリケーションの起動 - 次のダイアログが開きます。ご覧のとおり、これは、1つの追加機能(Add Folder)以外、SU Podiumレンダリングマネージャとほぼ同じです。

  3. 環境設定 - 保存場所を設定 - 「Preferences」ボタンをクリックすると、レンダリングイメージ用の保存場所を設定するダイアログが表示されます。「Document folder」を選択し、 .scriptファイルと同じフォルダにイメージを保存するか、「custom folder」を選択して、任意の場所に保存します。

  4. Podium Serverでレンダリングを開始する方法は3つあります。

    a. イメージを1つだけレンダリングする場合は、「Add File」を使用します。ハードドライブ上で.scriptファイルを検索し、「Open」をクリックします。SU Podiumは、イメージをレンダリングし、「環境設定」ウィンドウで指定した位置にそのファイルを保存します。

    b. レンダリング準備の整ったスクリプトが複数ある場合は、「Add Folder」を使用します。複数のスクリプトが入ったフォルダを追加する場合、Podium Serverはそのフォルダにあるスクリプトがすべて完了するまで動作を続け、その後任意のディレクトリにイメージを保存します。

    c. 「ウォッチ」フォルダを使用 ウォッチフォルダの使用法についてはこちらをお読みください。