SU Podium V2.6を使ってSketchUpでレンダリング

パワフル、直観的、分りやすい SU Podium V2.6は、複雑なプログラムを学ぶことに苦労せず、だれでもSketchUpモデルから美しいフォトリアリスティックレンダリングを作成できるように作られました。

SU Podiumは、最初から最後まで完全にSketchUp内部で動作し、操作にすでに慣れているSketchUpの機能を最大限に活用してすばらしい結果をもたらします。

SU Podiumは、SketchUpユーザーにとって直感的であり、初心者でも簡単に理解でき、シンプルなインターフェースやさまざまなプリセットで習得にかかる時間を数ヶ月から数分に切り上げます。

30日間無償トライアル開始

価格設定(未定)

SU Podium V2.6ライセンスには、レンダリング準備が整ったコンテンツライブラリPodium Browser(以前は別売り)のフルバージョンが装備されました(以前は別売)。SU Podiumは、継続定期購買アプリケーションではありません。永久ライセンスで、漸進的なV2.6xアップデートもすべて含まれています。

  • SU Podium V2.6 ( Podium Browser含)・コマーシャルライセンス
  • SU Podium V2.6 ( Podium Browser含)・エデュケーショナルライセンス
  • SU Podium V2.5から V2.6へのアップグレード 詳細情報

機能とテクニック

Enty foyer(SU Podiumでレンダリング)

イメージ:Kevin Lee

SU Podium V2.6は、リアリスティックな照明、マテリアルプロパティ、反射、屈折を使ってSketchUpモデルを写真のようなイメージに変えるために開発されたSketchUp対応のフォトリアリスティックレンダリングプラグインです。

SU Podium V2.6には、高度なレンダリングテクノロジが搭載されていますが、当初の作成意図である 「SketchUpでフォトリアリスティックなレンダリングを作り出すための簡単かつ実りある役目」を貫いています。ユーザーインターフェースは、シンプルでレンダリング技術に関する高度な知識は必要ありません。

  • レイトレーシングとグローバル照明: SU Podiumは、正確なレイトレーシングとグローバル照明を提供するフォトンマッピングアルゴリズムを使用して美しくフォトリアリスティックなイメージを作り出します。ユーザーはどんなテクノロジが使われているのか知る必要はありません。リアルな反射や照明が描かれた高品質のイメージが即座に作り出せることを知る方が重要です。
  • マルチスレッディング: SU Podiumは、マルチスレッドを使って、CPUコアとスレッドすべてを最大限に活用します。Podiumは、ハイブリッドレンダリングエンジンではありません。GPUベースのソリューションには、NVIDIA Iray駆動のProWalker GPUを用意しています。
  • プラットフォームに関係なく使える: SU Podium V2.6は、Windows/Mac OSのSketchUp 2017、2018、2019に対応しています。SketchUp旧バージョンユーザーは、SU Podium V2.5をインストールしてください。これは、SketchUp 2014と下位互換しています。
インテリアレンダリング

リアリスティックマテリアル: SketchUpモデル作成に欠かせないのは面へのテクスチャ適用です。SU Podiumはこうした単純なテクスチャをPodiumマテリアルユーザーインターフェースを介してすばやく、そして直感的にリアルなマテリアルに変えます。反射や屈折、バンプマップ、その他高度なプロパティを特定のSketchUpマテリアルに適用できます。こうしたプロパティをレンダリングすると、光や環境を反射し、モデルが実物のように映ります。標準のSketchUpマテリアルの他、さまざまなライブラリやPodium Browserコンテンツに納められた高解像度のテクスチャを使用できます。

マテリアル関連

  • Podium Browser マテリアル: Podium Browserには、高品質解像度テクスチャライブラリと、レンダリング準備が整った数百もの既製Podiumマテリアルが装備されています。
  • 自動マテリアル: 自動マテリアルがオンになっていると、SU Podiumが特定のSketchUp標準マテリアルを定義済みのPodiumフォトリアリスティックマテリアルプロパティに適用します。このオプションを使えば、SketchUp標準マテリアル使用時に、適切な反射やブラー、屈折、バンププロパティを適用に費やす時間を省けます。
  • Podiumマテリアルプロパティについての紹介ビデオ閲覧はここをクリック
SketchUpの自然光

エクステリアとインテリアを照らす: SU Podium V2.5には、2つのタイプの自然光があります。それは、天空光と日光です。 どちらも「エクステリア」照明ですが、窓やエクステリアに設けた開口部を使用すると、インテリアレンダリングにさまざまな効果を与えます。

  • 天空光: - 天空光とは、SketchUpの背景空全体に均等に適用された周囲光の光源です。
  • 日光 - 日光はSketchUpの空と影設定を使う方向性のある光源です(SketchUpの影がオンになっていなければなりません)。太陽の輝度や露出、影の方向は、影ダイアログにあるSketchUpの日付と時刻を変えることで簡単に制御できます。日光がオンの場合、Podiumの物理的な空 を使って、濁度といった大気の品質やリアリスティックなトーンマッピングを備えたリアルな空背景を作成できます。
  • HDRI / IBL照明 HDR イメージベースの照明 (HDRI)はPodiumの2つの空用のさらなる万能照明で、幅広い照明条件でエクステリアイメージを照らす高速かつ簡単な方法を提供します。HDRI照明がアクティブな場合、選択HDRが処理中のレンダリングの空や背景、自然光への一体化したソリューションになります。これでエクステリアレンダリングのワークフローが合理化され、360°の背景作成や、ポストプロセッシングでの背景追加が不要、さらなる手間を掛けることなく、複数の照明シナリオに沿ってモデルをすばやく表示できる等、さまざまなメリットを生み出します。また、SU Podium V2.6は、多様な情報源からのあらゆるHDRI/ IBLイメージに対応します。
中庭レンダリング(夜間)

オムニライト&スポットライトオムニライト(またはポイントライト)は、電球のようにすべての方向に光を均一に放つ人工光源です。オムニライトまたはポイントライトを挿入するには、ツールバーでポイントライトアイコンをクリックし、オムニライトをモデルにドラッグします。オムニライト/ポイントライトは、照明グループと呼ばれるSketchUpグループです。照明グループはSketchUpのアウトライナに表示されます。

LEMライト: オムニライトやスポットライトとは異なり、Podium LEMマテリアルは実際のSketchUpジオメトリを使ってSketchUpシーンに光を投じます。LEMマテリアルは、目に見える照明光源(電球やネオンサイン等)として、SketchUpモデル上のどの面にも適用できます。

Podium Browser 署名装置:  SU Podium V2.6 には、Podium Browserコンテンツのフルバージョンが収められています。Podium Browserには、数千ものレンダリング準備が整った照明装置が用意されています。これらには人工ポイントライト/スポットライトが精巧に設定されています。

Podium Browser 照明装置

V2.6ライセンスから、SU Podium Browserが完全同梱されました。   Podium Browserは、レンダリング準備の整った20,000を超えるコンポーネントからなり、日々アイテム数が増え続けているライブラリです。コンポーネントはSketchUpモデルにドロップし、追加の設定操作を行うことなくレンダリングできます。

  • Podium Browserは、SU Podiumといっしょに自動的にインストールされます。Podium Browserには、SketchUpシーンで使用できる、家具や照明装置、高解像度テクスチャ、植物、樹木、自動車、日用コンポーネント等数千ものアイテムが収められています。
  • ライブラリにあるアイテムはすべて、Podiumマテリアルプロパティで設定済みなので、追加設定に時間を費やすことなくデザインで使用できます。ライブラリには、数百もの家具アセンブリが入っているので、今までにない速さでインテリア空間を埋めて視覚化することができます。もちろん、すべてのアイテムがカスタマイズできるので、特定のニーズに応じて修正可能です。
Podium image editor

Podium Image Editorを使ったポストプロセッシング: PIEは、SU Podium V2.6に同梱されています。PodiumユーザーがPodiumでレンダリングしたイメージをすばやくポストプロセッシング/編集できるように作られました。ポストプロセッシング(後処理)とは、Podiumで作成したビットマップイメージに変更を加えることを意味します。たとえば、照明レベル/輝度の編集、イメージのクロップ、アルファ透過イメージへの背景追加、DOF((被写界深度)エリア作成、オーバーレイ追加、ブレンドは、PIEの機能の一部です。

これまでポストプロセッシングを行うには、Photoshopのような高機能のイメージエディタが必要でした。PIEは、SketchUp上で(実際にはレンダリング終了後、SU Podiumから直接)行う多くのポストプロセッシング作業を簡単にします。

Podiumパノラマレンダー

パノラマレンダリング

SU Podiumには、下図のようなインタラクティブなパノラマプレゼンテーション作成に使用できる360°パノラマカメラ設定があります。Podiumは、360°正距円筒イメージ(上図)を作成します。正距円筒イメージは、作成後、インタラクティブなプレゼンテーションに変換し、当社の無償パノラマサーバーにアップロードしたり、ウェブページに埋め込む、オフラインで表示、さらにはVRヘッドセットで表示することも可能です。

クリックし、イメージを右にドラッグしてカメラを移動します。

HDRイメージベースのレンダリング

HDRイメージベース照明は、SU Podium V2.6からSU Podium照明ワークフローに追加された新機能です。これは、Podiumの2つの物理的な空シミュレーションに代わる用途の広い照明オプションです。HDR背景イメージには、実世界環境から直接取り込まれたリアリスティックな輝度やトーンデータが備わっているため、HDRIは背景と光源の両方の役割を果たします。

イメージベース照明は、自然照明への万能かつリアリスティックなアプローチで、これを使えば、さまざまな照明シナリオを簡単にテストできるので、プロジェクトを映し出す、いわば「ベスト照明」を選べます。Podiumといっしょに5つの背景がインストールされますが、30を超えるさらなるHDRIをPodium Browserから追加できます。下図は様々なHDRI背景でレンダリングされたプロジェクトです。

上: 設計:The Ranch Mine // 下: モデリング:Nat Ellis

SU Podium V2.6には、SketchUp 2017、または2018、2019が必須です。 SketchUp 2014、または2015、2016をお使いの場合は、SU Podium V2.5をインストールしてください。

30日間SU Podiumをお試しください。 SU Podiumご購入